s6

山形 北前の 知恵の詰まった 船箪笥

山形船箪笥
北前の 知恵の詰まった 船箪笥
江戸時代、廻船問屋の豪商が繁栄した酒田は、佐渡、越前と並ぶ船箪笥の三大産地だった。
沈んでも沈みません!
江戸時代、山形と大阪・京都は、北前船の交易が盛んでした。当時の城下の職人町で、指物師、塗師、金具師の技が融合し、大切な帳簿などを入れる船箪笥が開発されたのです。前面に厚い金具を取り付け、海に投げ出されても、重さで前面が下になり、内部の空気で“浮く”仕掛けです。
logo
一般社団法人 酒田観光物産協会
山形県酒田市山居町1-1-20
TEL:0234-24-2233
shop-bnr
2山形 北前の 知恵の詰まった 船箪笥

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する