s3

岩手 鉄瓶の 地肌に 癒やされる

岩手南部鉄瓶
鉄瓶の 地肌に 癒やされる
太古大陸ロシアとつながっていた北上山地。その山からの砂鉄と木炭、川からの砂と粘土が南部鉄器を生み出した。
鉄分補給はお任せください!
茶釜を小ぶりに改良した味わい深い鉄瓶。霰(あられ)模様で表面積を増やし、保温の効果を増すのは、先人の知恵。溶け出した鉄分は、水道水の塩素臭を除き、味わいをまろやかに。最初に煎茶を茶きんに包み煮立てれば、漆のさび・金気止めの効果も増し、漆臭も除去できます。
logo
南部鉄器協同組合
岩手県盛岡市繋字尾入野64-102
TEL:019-689-2336
shop-bnr
2岩手 鉄瓶の 地肌に 癒やされる

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する