s2

青森 足元を 手技で温(ぬく)める 津軽下駄

青森津軽塗下駄
足元を 手技で温(ぬく)める 津軽下駄
津軽塗には、津軽弘前藩で武士が腰に差す刀の鞘を彩るために発展した歴史がある。
丈夫で使いやすく美しい塗り下駄!
軽く柔らかで、反動が少なく、温度変化も少ない桐は、下駄の材料に最適です。津軽の桐は、厳しい風雪の中で育まれて堅い木質、美しい木目。時間と材料の無駄ともみえる塗りと研磨を数十回繰り返し、深い光沢、重厚な美しさを生み出します。まさにこだわりの逸品です。
logo
株式会社 ゑびすや履物店
青森県弘前市大字本町104
TEL:0172-32-3093
shop-bnr
2青森 足元を 手技で温(ぬく)める 津軽下駄

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する