jpeg-4

アキバからミラノへ第七回 相馬野馬追

png

平安時代、京の都の荘園領主、貴族の無慈悲な年貢の取り立てに立ち向かい、豊かな地産を守ろうとした将門さま。ひとが飢えや流行りの病に苦しむ時立ち上がった勇士は、最後は馬上で矢に打たれ、首を切られて都へ。でも魂はとどまり、関東、東国の守り神となったそうです。
Slide background
Slide background
Slide background
Slide background
2アキバからミラノへ第七回 相馬野馬追

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する