5-2

アキバからミラノへ第五回 神田明神

png

日本各地には神社があり、それぞれに神さまが祀られ、それを総じてやおよろずの神々という。なぜそんなに日本には神さまが多いのか?日本の文化は自然とともに生き、日本の歴史は天候や気象の変化で動いた。だから地域には地域を守る神々がいると信じて日本の国はつくられたそうです。
Slide background
Slide background
Slide background
Slide background
2アキバからミラノへ第五回 神田明神

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する