m10-1

ガイド第10回 「もてなしとエレガンス」

2014年12月9日 • 埋もれた記憶

古代から日本文化は、自分たちが住む地域を自分たちだけで住んでいるとは思いませんでした。何かが移ろい訪れることを気配(けはい)で知る感覚を日本文化は持っていたからです。その感覚は、自然を敬うことから育ちました。また自然と暮らするなかで、気配で知る何モノかとの間に、ひとつ「間」を置き、「道」を明ける知恵も受け継がれたのです。それがもてなしとなりました。「はくほどに 訪れ来たる エレガンス」(万環)。

Slide background

南須釜念仏踊り
福島・玉川村

Slide background

旧東海道金谷坂石畳・菊川坂石畳
静岡・島田

Slide background

木製風鈴

tmn tmn
adminガイド第10回 「もてなしとエレガンス」

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する