m7-1

ガイド第7回 「露天と注連縄(しめなわ)」

2014年12月9日 • 埋もれた記憶

世界のアキバの電気街は、戦後東京の駅前から排除された露天商が集まり、露天を連ねたことからはじまります。連ねる力こそ日本古代からの知恵。お祭りで参加者が作り、地域を超えて参加する「連」も同じ。古代の大和朝廷も信仰する神が違う首族を「連」として、一緒に政権を組みました。「連」は柔らかな組織で、きつく締めても「マ」を残す。理屈ではなく、その「マ」に神や偉大なるものが訪れるという感覚で作られた形なのです。

Slide background

錦絵 神田祭 
国立国会図書館

Slide background

注連縄 出雲大社
島根

Slide background

戦後の露天商

tmn tmn
adminガイド第7回 「露天と注連縄(しめなわ)」

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する