m5-1

ガイド第5回 「マと祈り」

2014年12月9日 • 埋もれた記憶

現代私たちが願いをかけるときも、ひとつ「マ・間」を置く古代からの習慣が受け継がれています。願い祈る神や偉大なるものの恐ろしさを、古代のひとは皮膚感覚で知っており、その感覚は、自然と暮らすことから育ちました。恐ろしさ、荒々しさとの間に「マ」を置くのは、自然を借景する庭も同じ。また一服のお茶でもてなすことも「マ」。もてなしもてなされる人の間に、何かの存在を感じています。それが人へのサービスとの違いですね。

Slide background

南湖公園
福島・白河

Slide background

志野茶碗 銘 振袖
東京国立博物館

Slide background

白河ダルマ
福島

tmn tmn
adminガイド第5回 「マと祈り」

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する