m2-1

ガイド第2回  「レインボーブリッジと平安貴族」

2014年12月9日 • 埋もれた記憶

現代のレインボーブリッジは、色を合わせかさねる橋。日本文化は古代から色合わせや、裏地を透かす色かさねを楽しんだ。平安貴族の十二単(じゅうにひとえ)や、武家の兜や鎧のグラデーションをつけて色糸を通し連ねる匂縅(においおどし)。私たちは色を合わせかさねて、「移ろい」を感じ取っていたのです。自然もひとも全てものが移ろいいく。それらをあわれみ、また愛でる。雅も天晴れも、その美には「移ろい」があったのですね。

Slide background

十二単 雛人形
久月

Slide background

樫鳥糸肩赤威
東京国立博物館

Slide background

レインボーフリッジ
東京

tmn tmn
adminガイド第2回  「レインボーブリッジと平安貴族」

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する