gard

ガイド第1回 「かぶくと草書体」

2014年12月9日 • 埋もれた記憶

現代のアニメキャラクターも、700年前の室町時代にはじまり江戸時代の歌舞伎に受け継がれた「かぶく(傾く)」文化にかさなる部分があります。またその「かぶく」は、1200年前の平安時代、かな文字が使われはじめた時代の草書体(そうしょたい)ともかさなります。普通の形を崩し、傾ける。傾けると何かが動く、呼吸がしやすくなる、生命が弾み始める。そんな感じ、しませんか?

Slide background

人形 連獅子
久月

Slide background

草書体

Slide background

ガーディアン
ガンホー・オンライン・エンターテイメント㈱
エミル・クロニクル・オンライン

tmn tmn
adminガイド第1回 「かぶくと草書体」

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する