anq9-1

ガイド第9回  埋もれた記憶

2014年12月9日 • アンコールへの道

グローバルな経済システムが広がる現代、わたしたちの中から多くの記憶が失われます。記憶は自然や地域の中で埋もれた記憶となります。また歴史は、どんな状況でも記憶がひとの社会を持続可能なものにする力があることを伝えます。9世紀初頭にはじまるアンコール王朝の基礎を作った、1〜7世紀にカンボジア南部を支配した月族の扶南(ふなん)国は、グローバルに海上貿易しながら、内陸を文化施設の寺院から開発し記憶を残します。経済発展と記憶保全の調和例といえます。

anq4-2
tmn 
adminガイド第9回  埋もれた記憶

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する