anq7-1

ガイド第7回  アンコールへの道

2014年12月9日 • アンコールへの道

9世紀初頭に、インドのバラモン僧の立合いのもとに聖なる山プノンクレーン丘での儀式で、大地を託された人として王を誕生させたアンコール王朝。王朝は、月毎に極端に雨量が異なるカンボジアの地域で寺院を建設し、支えていくための水路や貯水池の土木技術を、また盛土で造られたアンコールの都城につながる王道路建設にも利用し、王道路のネットワークを整備します。これがローマ帝国と同じく、王朝をおおいに豊かにしていくのです。豊かな地域が富貴なる都城を支える構造として。

anq4-2
tmn 
adminガイド第7回  アンコールへの道

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する