anq3-1

ガイド第3回  宇宙と都市

2014年12月9日 • アンコールへの道

9世紀初頭、アンコール王朝がはじまる聖なる山のプノンクレーン丘は、実はヒマラヤの聖なる山に見立てられました。その丘からなだらかに南西にくだる地に、アンコールの都は築かれ、その中心に建てられた寺院も、また聖なる山の見立て。日本のお祭りで登場する山車(だし)も同じ聖なる山の見立てです。そこにかさなるのは、インド的宇宙観。全ての生命が廻りめぐり転生する。世界遺産アンコールの都城の魅力が色あせないのは、「宇宙観を持つ都市」だからではないでしょうか。

anq3-2
tmn 
adminガイド第3回  宇宙と都市

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する