42-3

アキバからミラノへ第四十二回 「ミラノ万博生命の樹」

アキバからミラノへ第四十二回 「ミラノ万博生命の樹」

第四十二回 「ミラノ万博生命の樹」

41-1

ミラノ万博会場には、ルネサンス後期のミラノ出身画家、ジュゼッペ・アルチンボルド(1527−1593)が描いた果物や野菜を寄せ集めた肖像画をモチーフにした像が展示されています。奇妙で何かこころ魅かれるものが、、、。
ミラノ万博ホームページ


41-2

ミラノ万博のホスト館、イタリア館の前にあるレークアリーナにそびえる「生命の樹」と名付けられた巨大タワー。音楽と照明と噴水のショーでひとを魅了します。そして懐かしい“何か”に誘います。
ミラノ万博ホームページ

2アキバからミラノへ第四十二回 「ミラノ万博生命の樹」

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する