JSA3_2-2

秋田県JSA

2015年3月31日 • 特集
農業において、生産力の根源は大地にあり、大地のもつ生成力にある。その生成力は無限であり、それはまた生命の根源でもあった。ゆえに草木の繁茂は、生命力の伸張を意味した。

『漢字の世界 2 中国文化の原点』 白川静著 岩波新書

東博_松林図屏風(左隻)LL_C0028019.X1

JALスカイアンバサダー 和賀 千秋(WAGA CHIAKI)
秋田県出身

小野小町とあきたこまち

出羽(でわ)、今の秋田で生まれたと伝わる、平安時代を代表する女流歌人、小野小町。その小町をモチーフにするJAうご産「あきたこまち」のキャラクターは、日本の神々の秘密、そして何故日本人は歌を愛し、大切にするかの由来も思い出させてくれる素晴らしいキャラクターです。現代の私たちの思い込みに光を照らすキャラクターです。
e2
JAうご産「あきたこまち」 JAうご

2秋田県JSA

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する