JSA3_9-2

愛媛県JSA

2015年3月26日 • 特集
アジアの多くの民族は自然と調和して暮らしを営む知恵を蓄え、自然のなかにカミを見出し、自然と共生する生活と信仰を育んできたが、今こそあらためて、アジアのなかの日本の英知を再発見すべき時を迎えている。

『聖徳太子の歴史を読む』 上田正昭著 文英堂

東博_松林図屏風(左隻)LL_C0028019.X1

JALスカイアンバサダー 石川 あかり(ISHIKAWA AKARI)
愛媛県出身

あどけさこそ、偉大!

みかんとお米の穂を持つ、JAえひめ中央のキャラクター「まるえちゃん」は育ち盛り。愛くるしいまあるい笑顔で、元気いっぱいに明るさと親しみを振りまき、人と自然の輪を繋ぎます。私たちが日々忘れている大切なことを思い出させてくれる素晴らしいキャラクターで、精霊のような存在に感じます。そして精霊は、キューピットのように縁を繋ぎます。縁を知ることが生きること。「まるえちゃん」には、再生の記憶を呼び覚まさせてくれるヒントが隠されています。
e2
JAえひめ中央のキャラクター まるえちゃん

2愛媛県JSA

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する