thum-a31

アキバからミラノへ第三十一回 本炭釜

png

IHとは誘導加熱、交流の電流を流し磁力線が発生させた熱を使い加熱することで、IH調理器は省エネで熱の出力が高いそうです。本炭釜は、内釜に金属ではなく、炭素素材を使い、さらに熱効率を高めます。でも炭素素材は加工が難しく、手業も必要とすることから、1日の生産量には制限があるそうです。
Slide background
Slide background
Slide background
Slide background
2アキバからミラノへ第三十一回 本炭釜

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する