thum-a29

アキバからミラノへ第二十九回 ウォーターオーブン

png

過熱水蒸気を集中噴射し、調理の時間を短縮するウォーターオーブン。過熱水蒸気とは、水を極度に過熱した超高温の水蒸気のことで、その温度は300〜400℃。水蒸気で過熱するので、普通のオーブンに比べて、油や塩分を削減できて、また、ビタミンCの酸化を抑えて、ヘルシー調理も可能だそうです。
Slide background
Slide background
Slide background
Slide background
2アキバからミラノへ第二十九回 ウォーターオーブン

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する