thuma19

アキバからミラノへ第十九回 資生堂パーラー

png

明治5年(1872)の銀座大火(ぎんざたいか)以来、レンガの建物が立ち並んだ銀座は、大正12年(1923)の関東大震災では、建物が倒壊するケースも少なく、死者も出ませんでした。しかし火災により銀座地区は全焼します。昭和の初期、銀座は街をあげて大震災の復興に取り組むことになるそうです。
Slide background
Slide background
Slide background
Slide background
2アキバからミラノへ第十九回 資生堂パーラー

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する