JSA1_10-1

JALスカイアンバサダーが紹介する 徳島のエレガンス

2015年3月26日 • 特集
帰省していつも感じるのは、徳島の空気はとても澄んでいるということです。澄んだ空気だからこそレンコン畑の蓮も毎朝綺麗に咲き誇り、藍染めの青も唯一無二の青さに染まるのだと思います。

JALスカイアンバサダー(徳島)笠井 留美(KASAI RUMI)万環玄亀 いとなみのエレガンス

東博_松林図屏風(左隻)LL_C0028019.X1

阿波和紙 一般財団法人 阿波和紙伝統産業会館

四国三郎

豊富な水量で紀伊水道に流れ出る「四国三郎」吉野川。その吉野川から望む徳島市の象徴、眉のような姿をもつ眉山(びざん 標高290m)。徳島市内を一望し、視界が良ければ和歌山県の山々も望めます。その大らかで美しい姿は万葉集にも歌われていて、また徳島の地が朝廷と密接な関係を持っていたことも伝えます。
e2
吉野川から望む眉山

先端の文明

阿波の和紙はすでに8世紀に記録があり、吉野川流域に入国した、朝廷の祭礼儀式や宮殿造営を取り仕切った忌部(いんべ)氏から始まります。朝廷の実態は、文書の管理・保全。和紙はそのために貴重なもので、和紙作りは先端の文明でした。そして、紙を漉(す)く和紙作りには、原料の植物が育つ土壌と上質の豊かな水が必要。それが吉野川流域だったのです。
e3
新鮮な感覚で生活提案するアワガミ 阿波和紙伝統産業会館

大成功

水運に恵まれる吉野川流域に、江戸時代、蜂須賀(はちすか)阿波藩は大坂・畿内(大阪や近畿)に向けて、染料となる藍つくりを奨励します。藍つくりは、当時の消費文化の拡大とともに大成功。美馬市は藍の集散地として発展し、藍商・呉服商が栄華を極めました。当時のその繁栄ぶりは、美馬市脇町のうだつの町並みに残されています。
DSC_0347
美馬市脇町のうだつの町並み

こころの橋

吉野川流域で生産された藍(あい)は、染色の原料、藍玉として全国に出荷され、蜂須賀氏は、藍を専売化して藩の経済を確立します。豊かな地産は、豊かな地域文化を支えます。蜂須賀家と藍商人の経済力に支えられて、淡路島に伝播した人形浄瑠璃が、徳島・阿波で力強い芸風に育っていきます。父の藩への義、母の娘への情、その間に揺さぶられる見る者の情感。阿波の人形浄瑠璃は、江戸と現代の人をつなぐ心の橋です。

CIMG1711(軽量)
yasudaJALスカイアンバサダーが紹介する 徳島のエレガンス

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  1. 万環先生

    風は神、俗は人。風俗は、神と人が暮らすこと。もともと神々しさを知る感受性を持った暮らし、日々を表す言葉です。その感受性を失えば、貧しい暮らし。阿波和紙も藍染もその感受性がある徳島の人の暮らしから生まれてきたものです。実際にきつい、漉くや染める作業を支えるのは、その感受性です。

  2. 玄亀先生

    「傾城(けいせい)阿波の鳴門」は、ままならぬ浮世に翻弄された親子の悲劇。でも悲劇であっても貧しくはありません。そこに豊かな感受性がありますから。門構え、うだつを競うように、競いは大切。そして競った後は散らしが大切。阿波の商家が、街の人形浄瑠璃を支えたように。感受性のない成功は、貧しいですから。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する