JSA2_2-6

JALスカイアンバサダーが紹介する 秋田のエレガンス

2015年3月31日 • 特集
一歩街へ出ると、竿燈(かんとう)まつりで使われた豪華な竿燈や太鼓がお店の入口などに飾られ、至るところに活気が感じられるのも秋田の魅力です。

JALスカイアンバサダー(秋田)和賀 千秋(WAGA CHIAKI)万環玄亀 いとなみのエレガンス

東博_松林図屏風(左隻)LL_C0028019.X1

秋田竿燈まつり 秋田市竿燈まつり実行委員会事務局<秋田市観光物産課内>

音頭

長い竹竿に横竹を結び,46個の提灯(ちょうちん)を吊るし、一人で持ち上げて、曲芸風に操りながら街を練り歩く、国の重要無形文化財の秋田竿燈まつりは、五穀豊穣を祈願する東北三大祭りのひとつ。竿燈を持ち上げる演技を盛り上げるのは、はやし方の太鼓や笛です。また太鼓や笛、三味線で軽やかにおもしろく地産の名物を歌い上げるのは、秋田音頭。この音頭は江戸時代に始まります。
e2
秋田音頭に歌われる 大館曲げわっぱ 

地産の記録

大館曲げわっぱは秋田杉で作られています。秋田の天然杉をはじめ松や檜(ひのき)、桜や楓(かえで)などが繁る豊かな山と人の暮らしを、江戸時代の博物学者で紀行家の菅江真澄(すがえますみ 1754-1829)は、日記や地誌・随筆など、膨大な著作に書き残しています。これらは、当時の生活習慣を知る貴重な資料です。また真澄の温かな人柄は、山々をくまなく歩き、見て記録した文章と挿絵が伝えます。
e3
秋田県立博物館 菅江真澄資料センター

祈りと感謝

江戸時代の博物学者 菅江真澄は、アイヌ文化とマタギ文化について記述しています。アイヌ語の「冬の人」が語源ともされるマタギ。狩りをする山は、神が支配する場と考え、夏は農業を営み、冬は禊(みそぎ)をして山に入り、集団で狩猟を行う人たちです。無事に狩猟が終わると、獲物の霊魂を慰め、山の神に感謝する儀式をしました。自然崇拝や、山岳信仰の文化にも結びついているように思います。
DSC_0347

国重要有形民俗文化財指定 阿仁マタギの狩猟用具 マタギ資料館蔵

温かな文化財

地産商品には人の祈りと感謝があります。それが地産商品のUMAMIの源。江戸時代は現代に比べて本当に貧しかった。しかし、現代に受け継がれた文化財には、見る人の心を温かくする豊かさがあります。そして方言も大切な地域の文化財です。〜秋田の女ご 何どしてきれ(綺麗)だと 聞くだけ野暮だんす、アーソレソレ。(秋田音頭の一節)

CIMG1711(軽量)
yasudaJALスカイアンバサダーが紹介する 秋田のエレガンス

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  1. 万環先生

    菅江真澄(1754-1829)は、秋田ではなく三河・愛知の出身。和歌や薬草を学び、旅を愛し、好奇心が旺盛で、江戸時代の封建社会の枠を大きく外れた不思議な自由人でした。アイヌやマタギ文化を調査したのは、こころの自由さが通じたからではないでしょうか。その自由さは、利他の精神から生じます。

  2. 玄亀先生

    “秋田の女ご 何どしてきれ(綺麗)だと 聞くだけ野暮だんす、アーソレソレ。”方言と粋。野暮とは人情の機微が通じず、洗練されていないこと。人は生まれながらみんな野暮。人と出会い接して、人は洗練されていくのです。方言とともに地域に根ざしたこの都会性と社会性こそが秋田のエレガンスです。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する