JSA1_1-1

北海道

2015年3月24日 • 特集

2014 JALスカイアンバサダー(北海道)

佐藤 愛(SATO AI)

道産子は欲張りです。
石狩鍋には鮭にジャガイモ、トウキビ。海鮮丼にはウニにイクラ、ホタテも!
道産子はどうしてこんなに欲張りなのか?それは一つの場所に美しい魅力が二つあるから。
瑞々しい木々が呼吸し、母のように明るく優しい夏。白い情景が父のようなたくましさを連想させる冬。二つの魅力を持つ大地がもたらした欲張り。
そして北海道の自然は、未知なるものをとらえるひとの感覚を育てます。
札幌ドームには一人で投手・打者の二つの才能を開花させているスターもいるんですよ!

北海道エゾシカ革のハンチング
エゾシカを 被りて旅する 北海道
エゾシカはニホンジカの一種で、動植物分布を分けるブラキストン線である津軽海峡を渡った可能性がある。明治政府は北海道開拓資金を得るために、エゾジカを大量捕獲した歴史もある。
エゾシカ、近年注目されています!
鹿革は、牛革に比べ繊維が緻密で強度があり、透湿性・吸湿性に優れ、帽子に適した素材。でもエゾシカは野生動物で、その大きさやキズも個々に違います。同じ地域、北海道に生まれた生命をどう活かすかが、この商品の、そして地域のサステナビリティ(持続可能性)のはじまりでした。
logo
どら猫帽子店
北海道旭川市2条15丁目
TEL:0166-23-5639
shop-bnr

明治−昭和期の武将歌人

齋藤 瀏(りゅう)(1879-1953) 

東明(しののめ)の あかるむ霧に ほのかなる 光集めて さく霧華(ぎばな)かも
しののめは、日本の古いことばで夜明け前に茜色にそまる空。気温が氷点下10度以下になり、ダイヤモンドダスト、霧粒が風に吹かれて木に衝突してできる樹氷。その樹氷を花に例えた美称、霧華としてはじめて歌に詠ったのが、大正から昭和初頭に旭川に赴任していた武将歌人の齋藤瀏でした。

 
旭川観光コンベンション協会
北海道のほぼ中央に位置する旭川市。大雪山系や十勝連峰を望む豊かな田園風景が広がります。石狩川に架かる旭橋は、都市と自然との調和を象徴する優雅な意匠で、街中のいたる所には中原悌二郎をはじめとする著名人の屋外彫刻も。元気いっぱいの動物たちがいる旭山動物園は、1年に渡り動物たちのありのままの生態を楽しめます。
shop-bnr
yasuda北海道

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する