JSA1_1-1

JALスカイアンバサダーが紹介する 北海道のエレガンス

2015年3月24日 • 特集
道産子は欲張りです。(中略)それは一つの場所に美しい魅力が二つあるから。

JALスカイアンバサダー(北海道)佐藤 愛(SATO AI)万環玄亀 いとなみのエレガンス

東博_松林図屏風(左隻)LL_C0028019.X1

プロ野球とJリーグの試合を楽しめる札幌ドーム

プラキストン線

気候により動物や植物が分布する境界線をプラキストン線といい、それが本州と北海道の間、津軽海峡上にあります。大いなる昔、本州のニホンジカはその境界線を渡り、北海道のエゾシカとなりました。生きるために、あたらしい気候や風土に適用するように自らを進化させたのです。それは古代からひとも同じでした。そしてそれらの進化のみなもとは、生きるものに宿る生命力でした。
e2
エゾシカ革のハンチング どら猫帽子店

イオマンテ

アイヌ文化の聖なる儀式イオマンテは、食としての恵みを授かった熊などの魂、霊魂カムイを、神々の世界に送り返す祭りです。アイヌ文化は日本の北海道だけではなく、樺太、カムチャッカ半島などオホーツク海一帯に広がった文化。ロシア極東のアムール河(黒竜江)流域や本州東北、また琉球の文化ともかなさり合います。全てのものに等しく、境なくカムイが宿ると信じる文化です。
e3
イオマンテ  阿寒アイヌ工芸(アイヌコタン)

大いなる中空

北海道函館市南茅部(かやべ)地区で発見された3500年前(縄文時代後期)の国宝・縄文土偶は、中が空になっている土偶です。縄文時代、人形(ひとがた)をした土偶は祈りの対象や儀式で使われたもの。そして人形の中が空というのは、空の部分に不滅の霊魂が宿るとも見えます。身体の内に霊魂や大切なものを保つバランスこそが、生きることだと思えます。そして内なる大切なものは、目には見えないものです。
DSC_0347

国宝・縄文土偶 函館市蔵 著保内野(ちょぼないの)遺跡出土

大いなる地産

国宝・中空土偶が発見された函館市南茅部地区の段丘の前の海には、祭礼の縁起物として朝廷や将軍に献上された地産の宝物、真昆布が生きています。UMAMIが豊かで生命力の強い真昆布。生命力とは、バランスを保つ力。そして、大いなる自然の恵みも霊魂も、自分の中を空にして、感覚で知り保つもの、と古代から人は知っていたのではないでしょうか。

CIMG1711(軽量)
yasudaJALスカイアンバサダーが紹介する 北海道のエレガンス

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  1. 万環先生

    春に北上し、秋に南下するアサギマダラも、津軽海峡を東西に横切る動植物の分布境界線、プラキストン線をワタリます。アサギマダラのワタリは、 1,000km以上にも及び、そのワタリの範囲は北海道〜本州のみならず、本州・九州〜南西諸島や台湾までに及びます。生命体は、繁殖し生きるために大移 動します。

  2. 玄亀先生

    “道産子は欲張り”というのは豊かなことですね。北進した縄文文化と南進したオホーツク文化が交差した北海道。境界線は決して絶縁線ではありません。その 一例が北海道と本州の境界線を超えてワタリをするアサギマダラです。境界を超えてワタリをするものたちには、豊かな感受性が宿るのです。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する