s46

鹿児島 斉彬 ガラス重ねて 世界見る

鹿児島薩摩切子
斉彬 ガラス重ねて 世界見る
薩摩切子は、カット文様の中に色の濃淡を表現し、日本風のぼかし効果を生み出す。
世紀を超えた再興、そして創意へ
“ぼかし”が薩摩切子の特徴。19世紀中頃、輸出を視野に入れて開発されました。西南戦争の後、約100年の時を経て復興され、現在は、江戸時代の復元品・復興後の創作品・色の層を重ねた二色被せ新作品が制作されています。
logo
株式会社島津興業 薩摩ガラス工芸
鹿児島市吉野町9688-24
TEL:099-247-2111
shop-bnr
2鹿児島 斉彬 ガラス重ねて 世界見る

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する