s43

長崎 ユーモラス 古賀人形で 知る歴史

長崎古賀人形
ユーモラス 古賀人形で 知る歴史
古賀人形の西洋婦人のモデルは、150番目の商館長として来日したブロンホフの夫人、ティツィア・ベルフスマ。女性の出島滞在は許されず帰国し、女性は主人の帰国を待たずに死去。出島の日々が、二人の最後の一時だった。
愛くるしさが醸し出る
16世紀に製法が京都から伝えられ、まずは動物の小型人形から、やがて節句や異人の人形も登場して、江戸時代の長崎名物となりました。前後二つの型で粘土を詰め、合体。形を整え、乾燥後約800度で素焼きし、白く地染めし、目を入れ、彩色と丹念に。そして、作意がありません。
logo
長崎市歴史民俗資料館
長崎市平野町7-8 (長崎市平和会館内)
TEL:095-547-9245
shop-bnr
2長崎 ユーモラス 古賀人形で 知る歴史

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する