s40

福岡 上野焼 緑青流し 天駆ける

福岡上野焼(あがのやき)
上野焼 緑青流し 天駆ける
上野焼の土は、「土もみ三年」長い年月をかけ丹精こめて、やきものに適した状態に仕上げられる。
あっ、軽い!
利休の愛弟子、細川忠興が招いた李朝陶工の尊楷(そんかい)の茶碗から歴史始まります。丹念に土から作り出される陶肌と、流れるような鮮やかな緑の彩色「緑青流し」。器は口に当てて柔らかく、口当たりよく、使って分かる心地よい重さと質感が特徴です。そして収めたモノは腐敗しにくい。
logo
上野焼協同組合
福岡県田川郡福智町上野2811 上野の里ふれあい交流会館
TEL:0947-28-5864
shop-bnr
2福岡 上野焼 緑青流し 天駆ける

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する