s39

高知 土佐の鍛冶 磋琢磨切で 増す切れ味

高知土佐打刃物
土佐の鍛冶 磋琢磨切で 増す切れ味
土佐打刃物は、金属組織を微細化し、切味・耐摩耗性・刃の粘りを鍛える。
鍛冶屋の切磋琢磨が生み出す歴史
鎌倉時代後期に奈良・大和国から移住した刀鍛冶の一派が、戦国の乱世では武具刀剣等の需要に応じたのが始まり。江戸時代は森林資源の確保や新田開発遂行で農林業用打刃物の需要が拡大し、生産量、品質ともに格段に向上。江戸時代の技術と伝統は現代まで受け継がれます。
logo
高知県 香美市商工会内 土佐刃物連合協同組合

TEL:0887-53-4111

shop-bnr
2高知 土佐の鍛冶 磋琢磨切で 増す切れ味

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する