s37

香川 組手障子 音なく風なく 釘もなし

香川組手障子
組手障子 音なく風なく 釘もなし
組手は格子が交わる部分に活かされる技法。釘を使わずに木同士を組み、パーツの組子を一つひとつ組み上げて、麻の葉や菱形などの様々な模様を描き出す。
サステナブルに空間を演出!
平安時代は寝殿造の屏風、鎌倉時代は書院や広間の障子、江戸時代は格子に様々な装飾を加えた障子、と室内の装飾は発展しました。香川では、障子は箪笥とともに、指物(さしもの)店で作られました。組手障子を通した柔らかな光は、時ともに微妙な彩をくらしに醸し出します。
logo
高松市 産業振興課

TEL:087-839-2411

shop-bnr
2香川 組手障子 音なく風なく 釘もなし

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する