s31

鳥取 鉄と鋼 伯耆(ほうき)の野鍛冶 農助け

鳥取野鍛冶
鉄と鋼 伯耆(ほうき)の野鍛冶 農助け
野鍛冶は、大工道具などの道具鍛冶に対して農具や魚具、包丁、茶道具などを指す。鳥取の野鍛冶は、鉄と鋼のアワセ技。価格と品質で全国で重宝される。
切れ味は折り紙つき!
野鍛冶の鎌は、砂を上流から流し弓ヶ浜(ゆみがはま)半島を造った伯耆国(ほうきのくに)のたたら製鉄が源流。鉄と鋼を調合し焼きを入れて、安くて丈夫な道具を製造します。江戸時代、倉吉の千歯、鍬(くわ)、各種包丁、鉈(なた)、鎌は、船や馬で全国各地に出荷されたのです。
logo
鳥取県 市場開拓局 販路拡大・輸出促進課

TEL:0857-26-7833

shop-bnr
2鳥取 鉄と鋼 伯耆(ほうき)の野鍛冶 農助け

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する