s27

奈良 吉野川 流れが育む 手漉き和紙

奈良吉野手漉き和紙
吉野川 流れが育む 手漉き和紙
吉野町は、周囲を山に囲まれ、目の前には穏やかに吉野川の清流が流れ、谷崎潤一郎はこの地を舞台に、母への慕情をテーマに随筆的に小説『吉野葛(くず)』を書く。
しなやかな質感に偲ぶ面影
吉野町国栖(くず)では谷崎の『吉野葛』のように丹念に漉いた和紙を冬の庭先に干します。大海人皇子のちの天武天皇が、この地に養蚕と共に伝えたコウゾの皮を寒中の澄み切った吉野川の水にさらし、国宝などの文化財修復に使われる大和宇陀紙(表具用裏打紙)等が漉かれます。
logo
福西和紙本舗
奈良県吉野郡吉野町窪垣内218-1
TEL:0746-36-6513
shop-bnr
2奈良 吉野川 流れが育む 手漉き和紙

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する