s26

京都 ハレの日に 古都の鏨(たがね)が 冴(さえ)を見せ

京都彫金
ハレの日に 古都の鏨(たがね)が 冴(さえ)を見せ
彫金は素材の表面を鏨で彫り、装飾する技法。素材に起伏をつけたり透かしたり、また別の金属を嵌め込んでの装飾も。
祝祭のワザ!
仏や菩薩を迎える時に、華を散し祝うさまをデザインした吊り飾り、華鬘(けまん)には、透彫りなど彫金のワザが繊細に使われました。平安から明治時代、日本の金属工芸を支えてきた京都の彫金は、まさに和彫りの歴史。花と光に満ちた世界を演出し、祝祭の晴れやかな高揚感を盛り上げます。
logo
工芸工房 鎚舞(ついぶ)
京都市中京区押小路通麩屋町東入橘町617
TEL:075-223-4122
shop-bnr
2京都 ハレの日に 古都の鏨(たがね)が 冴(さえ)を見せ

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する