s13

千葉 邪念を払い 明日を招く 房州うちわ

千葉房州うちわ
邪念を払い 明日を招く 房州うちわ
うちわは、古代は貴族の儀礼具、中世は武家の軍配に使用される。
江戸の涼感と風情を楽しむスタイル
江戸時代、人気の錦絵に描かれた団扇(うちわ)は、江戸庶民が涼感や風情を楽しむ季節の大切なアイテム。江戸に団扇の素材の竹を出荷していた房州(千葉)では、明治になって団扇自身の生産が始まり、大正の関東大震災以降に生産が拡大。篠竹を生かした丸柄が特長で、京都、丸亀の団扇とともに日本三大産地の一つ。
logo
千葉県商工労働部観光企画課観光事業・団体支援班
千葉市中央区市場町1-1
TEL:043-223-2416
shop-bnr
2千葉 邪念を払い 明日を招く 房州うちわ

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する