s12

茨城 ありがたや 黄門さまも 磨(す)る硯

茨城大子硯
ありがたや 黄門さまも 磨(す)る硯
名硯(めいけん)は、軽くこすっただけで墨のおりが良く、硯の方は減らないもの
黄門さまが保護した石
徳川光圀が保護し、勝手な採掘を禁じた硯の原石は、独特の黒い艶、金を含んだ黄銅鉱で、手彫りの素朴さが硯の美しさを引き立てます。大戦後作り手もなく、忘れられた幻の名硯を再興したのは、父の語る黄門さまからの伝承を忘れずにいた、今は亡き、ひとりの地元の高校職員でした。
logo
大子町 企画観光課 観光商工グループ

TEL:0295-72-1138

shop-bnr
2茨城 ありがたや 黄門さまも 磨(す)る硯

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する