s23

岐阜 透ける肌 自然の叡智の ありがたさ

岐阜飛騨春慶
透ける肌 自然の叡智の ありがたさ
飛騨春慶は、使う間に上部の漆が透けて木目が浮き上がるのが特徴。
時が透け、美しさが浮き出ます
江戸時代、名工がたまたま打ち割った美しい木目で盆を作り、茶人金森宗和が透き漆で塗り上げさせ、名陶「飛春慶の茶入」に見立て歴史が始まります。江戸末期・明治は重箱などの角もの、大正・昭和初期は線と円の近代的フォルムと形は変わっても透き通る美は変わらずです。
logo
高山市 商工観光部 商工課TEL:098-868-7866

shop-bnr
2岐阜 透ける肌 自然の叡智の ありがたさ

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する