s22

愛知 職人の 技とセンスが 風を呼ぶ

愛知名古屋扇子
職人の 技とセンスが 風を呼ぶ
扇子は、日本で生まれ中国に渡り、気品を高めるアイテムとして17世紀からヨーロッパに伝わる。
幸せを招き寄せる扇子
18世紀中頃に京都から職人が移り住んだ名古屋市西区界隈では、今も昔ながらの技法で扇子が作られます。割竹せん引、要打ち、紙合わせ等、数多い工程をそれぞれの専門職人の伝統技の積み重ねによって生まれる『名古屋扇子』は、祝儀扇や紳士用など普段づかいの扇を得意とします!
logo
株式会社 末廣堂
愛知県名古屋市西区菊井1-1-8
TEL:052-562-0135
shop-bnr
2愛知 職人の 技とセンスが 風を呼ぶ

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する